【大黒@なんば】大阪の歴史あるお店で絶品のかやくご飯を

f:id:gami_bookmark:20180521095541j:plain

大阪グルメといえばお好み焼きやたこ焼きをはじめとする粉もんが思い浮かぶと思います。
はじめて大阪に行くならもちろん粉もんも食べたいですよね。
といいながらも食の街大阪には粉もん以外にも美味しいものがたくさんあります。
何食べても本当に美味しくてびっくりするのが大阪です。
そんな大阪の名物グルメの中でこの記事でご紹介するするのはかやくご飯の名店になります。
かやくご飯とはいわゆる炊き込みご飯のこと。
優しくて絶品のかやくご飯の名店大黒についてこの記事ではご紹介します。

大黒のアクセス

今回ご紹介するお店は大黒というお店です。
難波にある名店で、お店の場所はここになります。

地下鉄なんば駅から出てすぐなので迷うことはないと思います。

大黒の情報

こちらのお店の情報は以下のとおりです。

電話番号:06-6211-1101
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀2-2-7 営業時間:11:30-15:00 / 17:00-20:00 定休日:日月祝
ランチ予算:1200円

大黒の外観・内観

この記事でご紹介する大黒は創業が明治35年というとても歴史のあるお店。
店構えから雰囲気抜群ですよね。
f:id:gami_bookmark:20180521095009j:plain

ここのお店は創業当時からかやくご飯のお店として知られています。
ものすごく歴史のあるお店で、お店の中もかなりいい雰囲気。
まどの雰囲気なんて映画に出てきそうなレトロな雰囲気でたまりません。
f:id:gami_bookmark:20200522083831j:plain

大黒のメニュー

このお店のメニューはこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20180521095037j:plain

かやくご飯と、焼き魚などの一品料理があります。
かやくご飯と一品料理を組み合わせる頼み方がおすすめです。
一品料理はどのメニューもスタンダードでありながら優しいものばかりで迷っちゃいます。
どれもかやくご飯に合うものばかりです。

そして飲み物のメニューはこちらになります。
f:id:gami_bookmark:20180521095104j:plain

昼からビールを飲んでいる方もいらっしゃいました。
瓶ビールがお店の雰囲気にものすごく合っていましたよ。
なお、お土産でお持ち帰りもできます。
ここのかやくご飯だけを買って買えられている方もいらっしゃいました。
ひとり旅の時にはホテルに持ち帰って食べるのもありですね。

大黒のかやくご飯のやさしい味

注文してからそんなに時間もかからずに出てきました。
わたしが頼んだのはこちらです。
f:id:gami_bookmark:20180521095135j:plain

かやくご飯の中サイズと、ぶりの照り焼きです。
もう見た目でよだれ出ちゃいますよね。
f:id:gami_bookmark:20180521095216j:plain

かやくご飯は本当に優しい味で、ペロッと食べちゃいました。
大サイズにしててもよかったかもです。
優しい味ですが、しっかり味はついているという不思議な感じ。
昔からずっとこの味なんでしょうね。

そしてぶりの照り焼きもふわふわで柔らかくて、かやくご飯にとても合います。
f:id:gami_bookmark:20180521095246j:plain

なんばで体に優しいごはんを

ということで、この記事ではかやくご飯の老舗である大黒をご紹介しました。
大阪のグルメは粉もんを始めにソース文化が強く、味が濃いめのものが多いですよね。
優しい味のご飯を食べたくなった時には迷わずここをオススメします。
胃腸が疲れているときのご飯としてみてはどうでしょうか?
大阪でしか食べれない大阪の味だと思います。

お店の情報・予約はこちらから

大阪ならではの大阪裏名物

この記事で紹介したような、大阪ならでは大阪名物の食べれるお店については大阪裏名物おすすめまとめにまとめています。
他にも素敵なお店はたくさんありますのでこちらの記事を参考に回ってみてください。

ひとり旅(観光)

大阪城
おすすめ寺社仏閣
大人の社会科見学
京都・奈良・神戸へ

ひとり飯

お好み焼き・たこ焼き
街中華
洋食
大阪裏名物

ひとり酒

大衆酒場

珈琲とコーヒー

素敵な純喫茶
コーヒーの美味しいカフェ

ビジネスホテル

梅田(中津、南森町)のホテル
難波、心斎橋のホテル
上本町、谷町四丁目のホテル
天王寺のホテル

移動・お土産

交通手段
大阪のおみやげ

旅のアイテム【ガミログ】

新着記事