【一芳亭@なんば】 他とは違う黄色い皮のふわふわシュウマイ

f:id:gami_bookmark:20180524085346j:plain

大阪ならではの美味しいもの探索は続いております。
大阪といえば、お好み焼きやたこ焼きのような粉もんが有名で思いつくと思いますが、他にも美味しいものはたくさんあります。
この記事では大阪の名物シュウマイについてご紹介します。
紹介するお店の名前は一芳亭
大阪で有名なこの一芳亭のシュウマイは一般的に想像できるシュウマイとは見た目も味も全然違うタイプのシュウマイです。
この記事ではそんな大阪のこのお店でしか食べられないシュウマイをご紹介したいと思います。
はじめに言っておくと、一芳亭のシュウマイは黄色いんです。
初めてみたときはびっくりしました。
でも食べてみるととても、ふわふわででくせになります。

一芳亭のアクセス

今回ご紹介するお店の名前は一芳亭
南海なんば駅のすぐ近くにあります。
地図だとここですね。

こちらのお店古くからあり、周辺の方にはシュウマイのお店として古くから親しまれています。
南海難波駅が一番の最寄りになりますが、JR難波、地下鉄難波からも徒歩で10分くらいですのでアクセスはいいです。
周辺にもおいしそうなお店はたくさんあります。

一芳亭の情報

こちらのお店の情報は以下のとおりです。

電話番号:06-6641-8381
住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-6-22 営業時間:11:30~20:00 定休日:日祝
ランチ予算:1000円

一芳亭の外観・内観

一芳亭のお店はこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20180524084845j:plain

なんともレトロで素敵な雰囲気です。
お店の玄関横にはお持ち帰り用のカウンターもあります。
持ち帰りできるのは嬉しいですね。

お店の中は1Fと2Fに分かれてて、1Fはおもにカウンター、2Fにテーブルがあります。
私は2F席に案内されました。
f:id:gami_bookmark:20180524084938j:plain

地元の食堂のようでなんだか落ち着きます。

一芳亭のメニュー

メニューはシュウマイ定食をメインに、シュウマイ+おかずの定食ばかりです。
シュウマイのお店ですので、シュウマイを堪能できるメニューです。
f:id:gami_bookmark:20180524085105j:plain

シュウマイ定食にはシュウマイが10個、その他の定食にもシュウマイが5個ついています。
どれを頼んでもシュウマイは満喫できそうですね。
個人的にはシュウマイ10個はさすがに飽きそうでしたので、シュウマイ5個とおかずがついているセットがおすすめです。

一芳亭の皮が黄色いシュウマイ

わたしははじめて行きましたので、とりあえずシュウマイ定食を頼んでみました。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20180524085157j:plain

ご飯とお汁がついていてシュウマイ10個。
お値段のわりにそこそこボリュームありますよ。

で、ここのシュウマイの特徴的なところが、皮が黄色いところです。
f:id:gami_bookmark:20180524085234j:plain

これはいわゆるシュウマイの皮を使わずに薄焼き卵を使っているからなんです。
なんとも不思議な見た目ですね。
このシュウマイがここでしか食べることのできない味で、ずっと食べたかったのです。

お味はとにかくふわふわしてました。
皮も、中身もとてもエアリーで、ふわふわ。
いままで 食べたシュウマイとはまったく違う感覚で面白かったですよ。

一芳亭 まとめ

ということで、この記事では、大阪の難波にあるシュウマイのお店一芳亭のご紹介でした。
こちらのシュウマイ、ふわふわしているためか、お酒よりもご飯が食べたくなります。
ぜひ、ランチで白ごはんとともに食べてみてください。
大阪で粉もんに飽きたらここのお店、オススメですよ。

お店の情報・予約はこちらから

大阪ならではの大阪裏名物

この記事で紹介したような、大阪ならでは大阪名物の食べれるお店については大阪裏名物おすすめまとめにまとめています。
他にも素敵なお店はたくさんありますのでこちらの記事を参考に回ってみてください。

ひとり旅(観光)

大阪城
おすすめ寺社仏閣
大人の社会科見学
京都・奈良・神戸へ

ひとり飯

お好み焼き・たこ焼き
街中華
洋食
大阪裏名物

ひとり酒

大衆酒場

珈琲とコーヒー

素敵な純喫茶
コーヒーの美味しいカフェ

ビジネスホテル

梅田(中津、南森町)のホテル
難波、心斎橋のホテル
上本町、谷町四丁目のホテル
天王寺のホテル

移動・お土産

交通手段
大阪のおみやげ

旅のアイテム【ガミログ】

新着記事